県立高  学力選抜入試(Ⅱ期受験)に向けて


 推薦入試(Ⅰ期選抜)の合格発表も終わり、

 

今年も、まもなく入試の本番を向かえます。

 

今日は、学力選抜入試の倍率が発表となった。

 

 

 倍率の発表を見て、教室も一段といい緊張感に

 

包まれています。

 

予想されてはいたが、少子化の影響を受けて、

 

トップ校の受験者数がぐっと減ったり、定員割れの学校もチラホラ。 

 

 ご年配の方は、新聞発表を見て「あの学校が?」とびっくりされる方も多いでしょう。 

 

これも現実のひとつ。 そして、一部の進学校に人気が集中し、倍率も高いのです。

 

 

 でも、受験は、はっきり言って倍率は、まったくと言っていいほど無意味で関係ないのです。

 

チャレンジ受験は別として、受験の当日に、普段通りの実力が発揮されればよいのだから。


 
  「当日に普段通りの実力を出す」言うのは簡単だが、現実にはかなり難しいことだ。

 

いわき校はもとより、全国のKJ生も、そのためにずっとやってきている。

 

 その成果を、発揮される日は、もうすぐだ。