河原塾  塾長ミーティングです。

冬休みを前にして12月3日より、河原塾の塾長ミーティングが2日間に渡り湯河原で行われました。

年に数回行なわれる「VIPミーティング」で、今回のテーマは「プロフェシュナル」とは何かでした。


ミーテンイングの内容は、教室の運営についてですが、いつも物理的に必要なことを超えて本質的なものは何かを追及していく場です。

子どもたちに接し生徒を指導いく上で、自分の都合で物事を進めたりエゴ丸出しではとうてい信頼されない。ある意味で、本当の教育とは何かを追求していく場なのです。


初日の夜には、オンラインでのスペシャルWEB授業があり、7人の塾長が1人づつ5分間の授業をして内容を競いました。KJ生を中心に何と100人を越す生徒が参加したのです。


当初は15分→10分→ と徐々に時間が短くなり最後は5分間。 5分で生徒のためになり、わかりやすい授業。そして楽しい授業が求められる。5分という時間は本当に短い。名手の各塾長からも緊張が伝わってきました。

自分も理科授業としましたが、やはり時間が短い。結局、時間切れとなってしまいまた。
次回のWEB授業は必ずリベンジしたいです。

2日目は、朝の5時にスタート。30分後には朝の散歩・アサンポに出かけました。
6時になっても木立の万葉公園はなお暗い。

ラジオ体操を行なっている時にハプニングが起りましたが、Z先生の機転で乗り切りました。
 動画にばっちり映ってます。笑

→  アサンポ ハプニング


その後も、「プロフェショナルセルフイメージ」について前日の課題を各自に発表し、深く自分の行動について考えさせられました。


2日間でも今まで以上に濃密で有意義な時間を過ごせ、ほんとうに為になりました。

塾超、みなさん、ありがとうございました!